音楽と芸術が鳴り響く街へ

About us

理由

Reason

多くのイベントを開催した団体

だからこそ感じられた

芸術家と地域社会の悲鳴

何をしたいかではなく

何をどれだけサポートできるか

常に考えられる団体を

理想

Vision

多様な芸術活動地域活動共鳴する

持続可能な社会を目指します。

使命

Mission

芸術地域共鳴し合う社会

その第一歩を横浜から

Credo

安全

Safety

何よりも安全を守ります。

安全であることは

私たちが安らぎを感じられる最低条件です。

共鳴

Echo

他者と誠実に向き合い、尊敬し合える瞬間を大切にします。

革新

Innovation

NPO法人だからこそできる新しい方法、新しい取り組みに挑戦していきます。

効率

Efficiency

より少ない資源で、より良い結果を模索します。

Experience

Music event 89%
Artist support 85%
Media 76%
Student support 47%
NEW
rental space

About Echo Room

Creating a city full of art and music.
Resonate with each other from the city of Yokohama.
Make your beautiful dreams come true.

Event

Rental space

Support

WORK

支援事業

イベント事業

芸術、文化イベントの企画
学生企画のイベント運営

Echo Roomの強み

多種多様な音楽イベントを行ってきた経験を活かし、発信したい未経験者・若者・芸術家などの支援を行い、多くの芸術が広がる街を作ります。

レンタルスペース事業

芸術家や一般の方へ
レンタルスペース提供仲介、運営など

Echo Roomの約束

芸術と地域が「共鳴」しあう社会
その第一歩を横浜の街から。
より多くの方に芸術を届け、愛される街へ 文化と歴史にあふれる街づくりに貢献します。

学生支援事業

横浜市の学生の想いを企画
またその運営と支援

Echo Roomの想い

声を響かせるためにエコー(反響)が必要なように、芸術の力で街をどれだけエコーさせられるかを団体コンセプトとしています。

事務局代行事業

広報支援

実店舗・イベント会場・インターネット・SNS・配信などの営業/広報支援

Echo Roomの取り組み

芸術家の活動支援をするとともに、芸術活動を通じて横浜を活性化を目指します。

財務支援

助成金申請、クラウドファンディングコンサルなどの財務支援

Echo Roomの経緯

コロナウイルスにより芸術家は活動を自粛せざるを得なくなりました。
飲食店を中心に商店街においても同様です。
そこで、私たちは、芸術の力で横浜に活気を取り戻す架け橋になりたいと考えます。

メディア窓口対応

テレビ、新聞、ラジオなどのメディア窓口対応

Echo Roomの目標

私たちは横浜市を「日本で一番芸術活動のしやすい街」にすることを目標に活動してまいります。

EVENT

5.17〜5.18

みんなのレシピ
上野恩賜公園 11:30〜19:00

イベント2

Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing elit dolor

イベント3

Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing elit dolor

GALLERY

GREETING

your dreams come to life

About
Credo

安全…何よりも安全を守ります。安全であることは、私たちが安らぎを感じれる最低条件です

共鳴…他者と誠実に向き合い、尊敬し合える瞬間を大切にします

革新…NPO法人だからこそできる新しい方法、新しい取り組みに挑戦していきます

効率…より少ない資源で、より良い結果を模索します

Echo Roomすべてのスタッフが大切にする行動指針として、4つのクレドを掲げています。
クレドは私たち自身が常に進化し、未来をつくる支援者であり続けるための、大切な指針です。

人とのつながりを大切にし、活気溢れる街づくりに貢献すること。

芸術がもっと身近で楽しめる環境づくりへの手助けを信条とし活動しています。

Kosei Sasaki

"

Chief Director // musician

佐々木 晃生

「何をしたいか」ではなく「何をどれだけサポートできるか」
声を響かせるためにエコー(反響)が必要なように、芸術の力で街をどれだけエコーさせられるかを団体コンセプトとしています。
コロナ禍になるまで私たちは毎年3000人を動員する野外フェスを入場無料で主催し、Zepp東京・川崎clubCHITTAなど通算5000本以上の音楽イベント制作に携わってまいりました。

その活動で気づいたことは芸術を心の支えにしている人がいること。そして、その芸術から人の繋がりが生まれていることでした。

コロナ禍で加速度的にオンライン化する世界で”芸術”を盛んにすることは、地域を盛んにするきっかけになると信じています。
そこでまず、私たちは横浜市を「日本で一番芸術活動のしやすい街」にすることを目標に活動してまいります。

大川 純司

Vice Chief Director

宇野 雄一朗

Vice Chief Director

SUPPORTER

団体概要

活動内容

blog

よくあるご質問

お問い合わせ